MENU

独学、通信、通学どれがいいのか

調剤事務資格取得最短トップ>独学、通信、通学

調剤事務資格は独学、通信、通学どれがいいの?

管理人

調剤薬局事務の資格を取得する方法は大まかに、独学、通信、通学に分かれます。それぞれにメリット、デメリットがあり何がいいとは言い切れません。

ここでは独学、通信、通学、どれか迷ってる方向けにそれぞれの特徴を紹介しています。

調剤事務を独学で取得する

講師

調剤薬局事務の資格を独学で取得する場合のメリットは、何と言っても費用があまりかからない点です。市販の教材で勉強し直接試験を受けに行ったら1万円程度で取得できます。1万の中の5千円は試験の受験料で教材費は5千円程度です。

しかしデメリットとしては独学の教材が少ない事と受験できる資格種類が少ない点です。本の通販の最大手Amazonで調べてみても、調剤事務の市販の参考書、テキストはごくわずかしかありません。

また調剤薬局の資格の種類はメジャーなもので3種類ありますが、そのうち2つの資格は受験資格として指定機関での講座の受講、修了を受験資格にしています。㈱技能認定振興協会の調剤事務管理士という資格は受験資格は設けていませんので独学でも取得できますが、ユーキャンの通信講座などを修了すると、在宅試験が受けられるなど通信の方が若干簡単に取得できます。この試験の合格率は50%程度ですが、受験するたびに5千円かかるので、初めから講座で習っていればよかったとなりかねません。

調剤薬局事務の独学は自身のまわりに実際に資格取得者や実際に調剤事務で働いてる方がいて教えてくれる方がいる場合は可能かと思いますが、一から自分でというのはあまりお勧めではありません。

通信講座で取得する場合

講師

通信講座で調剤事務の資格を取るメリットは系統立てたノウハウで無駄なく勉強できる事、自分のペースでできるし、ペースメーカーにもなってくれる事、モチベーションが維持しやすい事、などがあげられます。

独学だとどこが重要かなどは自分で判断するしかありませんし、わからない事がでてきたら勉強が止まってしまいます。通信だとそのような事が起こりにくく、時間を無駄にしません。また調剤薬局の場合は通信講座修了が受験資格になってるような資格があります。しかしそのような講座はきっちり受講さえしてれば試験は合格できます。また調剤事務の資格は通信講座によっては在宅試験が受けられますので通信講座は合格しやすいと言えます。

通信講座のデメリットとしては独学に比べたら費用がかかってしまう事、通学に比べたら挫折しやすい事です。調剤薬局の通信講座の費用は他の資格に比べたら比較的安いのですが、それでも3万~4万位はかかります。しかし通信講座の費用は自己投資と考え割り切ります。通信講座で資格を取得し就職したなら3~4万ならすぐに回収できます。また独学に比べたら短時間で合格できますので時間を買ったと思えば安い買い物です。通学に比べたら挫折しやすいというのは、通信の場合教室に通うわけではないので、基本的には自宅学習です。自分のペースでできる事はメリットでもありますが、やめる事もできてしまうデメリットでもあります。自身の目標をしっかり定めとにかくやめない事が合格の第一条件です。

通学で取得する場合

通学で取得する場合のメリットは、何と言っても短期で取得できる点です。当サイトで紹介してる中では日本医療事務協会の通学講座で最短3日、ニックの通学だと最短4日と設定されています。これは通学するだけで取得できるわけでなく終了後は試験がありますので、短期ですがしっかり学習しなくてはいけません。

やはり社会人にとって最も大切なのは時間です。お金は資格取得によって取り返せたりできますが、無駄にしてしまった時間は取り戻せません。通学講座は少々値が張りますが、やる気のあるうちに超短期で取得してしまうのも方法の一つかと思います。

調剤事務の資格を取る切っ掛けを作りましょう

Copyright © 調剤薬局事務資格取得最短コース-通信講座比較サイト-All Rights Reserved.