MENU

調剤薬局事務の仕事の実情

トップページ>調剤薬局事務の現場の声

調剤薬局事務の現場の声

薬局

当サイトでは調剤事務の資格を最短で取得する事を推奨しています。もちろん調剤事務の仕事、資格はメリットが多く働きやすく資格も比較的容易に取れる事からオススメしています。しかし何の仕事でもそうですが実際の現場では悩みや、不満の声はあるものです。

そこでここではまだ調剤事務の現場を体験していない人向けに実際の現場で働く方の声を紹介します。もちろん全ての薬局にもあてはまる事ではありませんが、ある程度実情を知っておく事も大事です。

よくある悩みの一つ、仕事の範囲

受講者

調剤薬局での仕事は、薬剤師と共に薬を取り扱う仕事です。薬事法などがありますので薬剤師のみができる仕事、事務は支持指導を受けながらならできる仕事、事務がやるべき仕事など、いろいろな仕事があります。事務がやる仕事は薬局によって違ってきたり、法律的にグレーな事も一部ありどこまでが事務の仕事かは実際の現場で多くの方が迷われてるようです。口コミサイトなどでもこの種の悩みが多数あげられています。

薬剤師との人間関係

管理人

どんな仕事でも人間関係が重要で悩みも多いと言えますが、調剤薬局特有の悩みは薬剤師との関係があげられます。薬剤師さんは薬局によっては先生などと呼ばれるような職業、なかなか話が合わないなどの悩みもあるようです。(仕事とは関係ないですが)

上記にあるような仕事の範囲の悩みなどもありますが、やはり薬を扱うような重要な仕事ですので現場でのコミュニケーションがしっかりと取れなければ仕事は成立しません。薬剤師さんとの立場の違いから出るコミュニケーション不足の悩みも一部あるようです。

お客さんとのコミュニケーション

講師イラスト

調剤薬局事務は基本的には接客業です。お客さんとのコミュニケーション不足、ミスからクレームにつながったりという事もあります。

調剤薬局のクレームの多くは待ち時間が長いという事です。患者さんのほとんどは診療後に病院外の調剤薬局に行かなければならない事の理由を知りませんし、わざわざ別の場所に来てるのに待たされてる事にただイライラしています。そういった状況の中ではちょっとした言い方の違いでクレームにつながってしまう事も少なくないようです。

例えば調剤薬局では初めてのお客さんには問診票を書いてもらういます。お客様に他に服用してる薬がないか、アレルギーがないかなどを知るために大切な業務の一つなのですが、患者からしたら「病院で書いたのにまた書くの?」と思ってる方も少なくありません。「初めてですか?初めてなら問診票に記入して下さい。」これは一見普通の調剤薬局でありそうな感じですがこれでも少し言葉が足りません。なぜ問診票に記入が必要なのか、どうゆう目的で使用するのか説明する必要があります。

このように調剤薬局では、人間の命にも係わりうる、薬というものを取り扱ってるという事、患者さんの多くは何故病院外の施設に薬を取りに来てるか知らない事から、通常の接客業とは違う難しさがあります。

まずは調剤事務の通信講座の料金を比較しよう

Copyright © 調剤薬局事務資格取得最短コース-通信講座比較サイト-All Rights Reserved.