MENU

調剤薬局事務の仕事とは

トップページ>調剤薬局事務の仕事とは

調剤薬局事務の仕事の内容

講師イラスト

最近、大きな病院の前には必ずと言っていいほど調剤薬局があります。 みなさんも病院に行って処方箋を貰い調剤薬局で薬を受け取った経験があるのではないでしょうか? この調剤薬局での受付などの業務をしてるのが調剤薬局事務の仕事です。

実際に薬の調剤をするのは薬剤師ですが、受付、レセプト業務(保険の費用精算業務詳しくは下記で)、 発注入庫処理などは調剤薬局事務の仕事です。 大きな薬局だと一日の利用者数も多いため専門にどれか一つの仕事を担当するような 仕事の仕方もありますが、中小規模の場合はすべての業務を少人数で行うケースが多く、 薬剤師の監視のもと簡単な調剤(調剤補助)も行います。

医療事務とよく比較されますが、医療事務の一種と考えてもらっていいです。 医療事務は資格も医科、歯科、調剤にわかれていて専門分野を分けています。 調剤事務の資格の場合は医科よりも出題範囲が狭く、比較的取得しやすい資格と言えますが 他の事務(医科、歯科)への転職の場合は多少不利かもしれませんが、調剤薬局への就職は 専門性がある調剤薬局事務の資格を所有していた方が有利です。

もっと言うと実は資格を所有していなくても働けます。調剤薬局事務の資格は民間の資格で なくては働けないというものではないのです。しかし実際の募集には「未経験の場合は資格所有者」、 「資格所有者に手当て有り」などとあり、雇う側からしたらやはりある程度知識をあらかじめ持っている 、なるべく即戦力になる方を採用したいと言う現実はあります。

調剤薬局についてはこんなページもあります。

レセプト業務?

受講者

私達が病院に行って払ってる医療費は最大でも全体の3割の金額です。 日本では全員が何かしらの健康保険に加入しています。

その健康保険が残りの7割を負担しているのですが、医療機関は健康保険組合などに この7割を請求しなくてはいけません。この7割を1ヶ月分まとめたものを診療報酬明細書(レセプト) と呼びます。そして作成し請求する業務をレセプト業務といいます。

近年ではレセプトコンピューター(レセコン)が普及していて、手作業の計算業務というよりパソコン入力業務と そのチェックが主な仕事になりました。レセコン入力に特化した「医事オペレータ資格」などの専門の資格があるほどです。 またレセプト提出の締め切りは全国どこでも、その月の10日と決まっています。そのため閉めの月末から10日まではどんな調剤薬局も忙しいようです。

医薬分業で増え続けるニーズ

管理人

調剤薬局は増加傾向にあります。みなさんは医薬分業などという言葉を聞いたことがありませんか?

これはもともとは医者だけでは把握できない膨大な量の薬の知識を薬剤師という専門職が補う意味から使われました。しかし、その昔は薬で病院が儲かるいわゆる「薬漬け医療」が蔓延した時代があり、院内処方が主流でした。そこで当時の厚生省は院外処方箋を発行することに対しての評価を高くして医薬分業をすすめました。

病院が開業されると必ずと言っていいほど調剤薬局が病院の前にできます。病院のすぐ前にある調剤薬局を”門前薬局”などと呼ぶ場合もあります。 病院側のメリットとしても人件費削減や在庫管理などの経費削減があげられます。 このような理由から調剤薬局は増加傾向にあるようです。

平均的な調剤薬局事務の一日の仕事の流れ

薬局

午前9時:開店 出勤先が徒歩や自転車圏内の職場なら朝は比較的ゆっくりです。家事との両立も可能です。 実際の仕事は受付、レセコン入力、処方箋のチェックや、お薬手帳の発行、新規のお客さんにアンケートをお願いするなど

午後13時~15時:休憩 調剤薬局にりますが、多くの調剤薬局は病院にあわせて午前、午後に別れていて間に2時間ほどの休憩が入る営業になっています。その間に帰宅して家事をおこなったり、パートさんは午前か午後どちらかのみ働くといった場合もあります。

          

15時~18時 午後の営業 お昼を過ぎると落ち着く薬局が多いですが、立地によっては17時頃に仕事終わりの方が多く来る場合も。18時前後の閉店の薬局が多いようです。

  • たのまな
  • ユーキャン
  • ニチイ
Copyright © 調剤薬局事務資格取得最短コース-通信講座比較サイト-All Rights Reserved.