MENU

調剤薬局事務は資格がなくても働ける?

トップページ>調剤薬局事務は資格がなくても働ける

調剤薬局事務は資格がなくても働ける

薬局

実は調剤薬局事務の資格がなくても、調剤薬局の事務として働く事はできます。

医師や薬剤師は免許がなければ医療行為を行う事ができませんが、医療事務は医療行為を直接行う訳ではありませんので必ずしも資格がなくてもいいのです。

実際の求人を見ても、「未経験可、未経験者は丁寧に指導します、医療事務の資格があれば望ましい、資格取得中の方も応募可能」などと書かれてる場合が多いです。ただ「未経験の方は資格所有者に限る」という場合も多くあります。

未経験者は資格があったほうがいい?

講師

世の中の現状を見ると、薬局自体も増加傾向にあり、調剤薬局事務の仕事は人気があり、今では資格を取る人が年々増えてきているので、出来るだけ資格は取得した方が良く、経験も資格もなければ採用してくれない薬局も徐々に多くなってきています。

なくても大丈夫と言っても雇う側にしても即戦力を優先して採用したいという現実はあります。それに働く側にしても知識がなく未経験で飛び込むより、ある程度基礎知識を身に付けて就職した方が安心ではないでしょうか?

実際には資格がなく就職した方の一部は、就職後に取る方もけっこういます。現場以外でもしっかりレセプトに付いての知識を系統立てて効率よく学んで現場について行く事が目的の方もいれば、医療自体に興味がわいてきて取る方、資格の手当てが出る方など目的はさまざまですが、就職後にも取得する方がいる事実は、その資格が知識として役にたつ証拠です。

調剤薬局事務の資格がなくても働けるというのは、何の知識がなくても即戦力の使える人材として働けるという意味ではないのです。調剤薬局事務の資格は学校に通わなくても通信講座で学んで取得することも出来ます。自分のライフスタイルに合わせた資格の取り方が出来るので、働きながらでも取得することが可能になっていますし、試験はテキスト持込可能の場合が多く、在宅試験が可能な講座もありますので取得しやすい資格と言えます。

調剤事務の資格を取る切っ掛けを作りましょう

Copyright © 調剤薬局事務資格取得最短コース-通信講座比較サイト-All Rights Reserved.