MENU

調剤薬局事務と医療事務の違い

トップページ>調剤薬局事務と医療事務の違い

調剤薬局事務と医療事務の違いとは?

薬局

よく「医療事務と調剤薬局事務のどちらがいんですか?」とか「違いは何ですか?」などの質問があります。ここでは医療事務と調剤事務の違いについて解説します。

これから調剤薬局事務を目指す方は是非参考までに。

調剤薬局事務も医療事務

調剤薬局事務も医療事務のなかの1ジャンルです。医療事務の資格はかなりたくさんの資格の種類がありますが大きく分けると医科、歯科、調剤とわける事ができます。働く場所も病院、歯科医院、調剤薬局と違います。

一般的に医科、歯科の医療事務の資格を単に「医療事務」と呼ぶような傾向にあるため、「医療事務と調剤事務はどっちがいいのですか?」などの質問があるのでしょう。

資格難易度は?

講師

実際には調剤の医療事務資格は勉強する範囲は絞りこまれ、医療事務に比べ範囲が狭いと言えます。

実際にユーキャンの平均学習期間を見てみると、医療事務は6か月、調剤事務は3か月で半分です。学費も1万円位、調剤事務の方が安く、教材も調剤事務の方が少ない事から難易度も比較できます。

転職を考えるならどっち?

就職する前から転職の事を考えるのもなんですが、転職をする場合はどうでしょう。

医療事務の仕事を経験していると調剤薬局事務への転職も容易ですが、調剤事務から医療事務への転職は可能ですが、新たに覚える事が少し多いです。

医療事務の資格を取ったあと調剤薬局の資格を取る講座などもあります。

調剤薬局事務の資格の場合は、調剤薬局に特化していて取得も容易で専門制もあり、調剤薬局自体も増加傾向にありますので、他の医療事務関係への転職はあまり考えなくてよいでしょう。

  • たのまな
  • ユーキャン
  • ニチイ
Copyright © 調剤薬局事務資格取得最短コース-通信講座比較サイト-All Rights Reserved.